OLED iPad AirとMini-LED MacBook Airは来年の発売か

OLED iPad AirとMini-LED MacBook Airは来年の発売か

噂では、AppleがMini-LEDディスプレイを搭載した新しいiPad Proをまもなくリリースすると言われていますが、同社は将来この技術を他のデバイスにも導入する計画です

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は、9to5Macが入手したリサーチノートの中で、Mini-LEDディスプレイは2022年までにMacBook Airに採用され、2022年のiPad AirにはOLEDディスプレイが搭載されると主張しています

Kuo氏は、Appleは現在、新しいiPad ProにMini-LEDディスプレイを採用するものの、来年のiPad Airを皮切りに、他のiPadモデルはOLEDディスプレイに切り替わると指摘しています

しかし、Mini-LEDはより高価な技術であるため、アップルはiPad AirやエントリーレベルのiPadなど、より安価なiPadにOLEDを採用する予定です

スポンサーリンク


Appleは、下部が折り畳まれたカスタムOLEDパネルを使用しなければならなかったiPhoneとは異なり、iPadに採用するOLEDディスプレイはフラットなものです

これは、新しいパネルのコストが、現在アップルがiPad Airに使われている液晶パネル1枚1枚に支払っているコストに近いものになることを意味します

Kuo氏によれば、MacBook Airにも2022年までにMini-LEDディスプレイが搭載される予定で、これもこの技術の採用を後押しするだろうと言います

同氏は以前、AppleはMini-LEDを搭載した新しいデザインのMacBook Proの開発にも取り組んでおり、今年の後半に発表される予定であると述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)