Apple,AirPods 3の量産開始は2021年第3四半期に

Apple,AirPods 3の量産開始は2021年第3四半期に

もし量産開始が2021年の第3四半期になるとすれば、AirPods 3の出荷は年内になるということになります

Kuo氏は以前、「AirPods 3は2021年前半に発売される」と述べていましたが、他の噂では、新しいAirPodsが早ければ今月中にも登場する可能性があると言われています

デザインを一新した第3世代のAirPodsについて書かれたいくつかのリークがあり、通常は発売が間近であることを示唆しており、Appleの計画について正確な情報を共有することが多い評判の高い情報提供者Kang氏は最近、AirPods 3は 「出荷準備ができている」 と述べました

Kuo氏は2021年の第一四半期から2021年の第三四半期までの出荷台数が前年同期比約25%減の5,500万台になると予想しています

もし、AirPods 3の需要が予想以上に好調だった場合、第4四半期の出荷台数は前年同期比横ばいの2,300万台となるでしょう

Kuo氏によると、2021年全体でのAirPodsの出荷台数は、2020年の9,000万台から7,800万台に減少する見込みです、Kuo氏はAirPods MaxがAirPodsの出荷に「限定的な助け」を提供しており、年間の出荷台数は約100万台だとしています

もしこの時期に、AirPods 3が量産に入ると、AirPods 2が生産されなくなるかどうかは不明です

スポンサーリンク


Kuo氏は、Appleはジレンマを抱えていると述べています

AirPods 2が存続して低価格で販売されるならば、AirPods 3の需要に影響を与える可能性がありますが、AirPodsの低価格モデルが存在しないならば、Appleの売上にマイナスの影響を与える可能性があります

AirPods 3の量産後にAirPods 2が生産終了となる場合、2021年の総出荷数に占めるAirPods 3、AirPods Pro、AirPods 2、AirPods Maxの割合は、それぞれ約40%、28%、31%、1%になると予測しています

AirPods 3の量産後もAirPods 2の生産が継続される場合、2021年の総出荷台数に占めるAirPods 3の割合は約32%、AirPods Proの割合は約28%、AirPods 2の割合は約39%、AirPods Maxの割合は約1%になると推測しています

Kuo氏は、AirPodsの出荷台数の減少について、競争の激化と市場シェアの低下が原因だと分析しています

Kuo氏は、Appleが今後AirPodsの出荷台数を向上させたいのであれば、競合他社が提供する類似製品との差別化を図るために、健康管理機能のようなハードウェアイノベーションが必要だと述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)