iPhone 13、より高速なQualcomm 5G Snapdragon X60モデムを搭載予定

iPhone 13、より高速なQualcomm 5G Snapdragon X60モデムを搭載予定

Digitimesの最新の報道によると、iPhone 13にはQualcomm 5nmプロセスのSnapdragon X60モデムが搭載されると言います、iPhone 12シリーズに搭載されている現行のSnapdragon X55モデムは、7nmプロセスをベースにしています

報道によると、5nmチップを使用すると、iPhone 13のバッテリー寿命が延びる可能性があります、また、X60モデムを使用すると、iPhone 13はmmWaveとサブ6GHz帯域の両方から5Gデータを同時に集約できるため、高速かつ低遅延のネットワークカバレッジの結果が得られるとのことです

mmWaveは5G周波数のセットで、短距離での超高速通信が可能なため、密集した都市部に最適です

比較すると、サブ6GHz 5Gは一般的にmmWaveよりも低速ですが、信号はより遠くに移動し、郊外や農村地域により適しています、mmWaveがiPhone 12モデルでサポートされるのは米国に限られていますが、噂ではiPhone 13モデルが他の国でもmmWaveをサポートする可能性があることが示唆されています

スポンサーリンク


2019年、AppleとQualcommは法廷闘争を解決し、複数年にわたるチップセット供給契約を結び、AppleがQualcommの5Gモデムを使用する道を開きました

和解の法廷文書によると、Appleは2021年のiPhoneにX60モデムを使用する可能性が高く、続いて先日発表されたSnapdragon X65モデムを2022年のiPhoneで使用することが明らかになっています

Appleは、iPhoneやiPad用の独自のセルラーモデムに取り組んでいると言われており、2023年から自社製5Gモデムの使用を開始すると予想されています、Appleはまた、6Gネットワークにも取り組んでいると言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)