Apple、2020年第4四半期にスマートフォンメーカーとしてSamsungを上回りトップの座を獲得

Apple、2020年第4四半期にスマートフォンメーカーとしてSamsungを上回りトップの座を獲得

iPhone 12シリーズの需要によりAppleは2020年第四四半期のトップの座を獲得し、再び世界で最も売れているスマートフォンメーカーになりました

アナリストからの複数の報道によると、AppleはiPhone 12シリーズの需要の恩恵を受け、Garnerが発表した世界のスマートフォン業界に関するレポートによると、ホリデーシーズンの第4四半期にすべてのスマートフォンベンダーの中で最高の成績を収めたと推定されています

Gartnerによると、2020年第四四半期のiPhone販売台数は7,990万台で、前年同期の6,960万台を14.9%上回りました

Gartner 2020 Q4 00001
これにより、AppleはSamsungを抜いて世界最大のスマートフォンメーカーとなりました、Samsungは2019年第4四半期の7,040万台から2020年第4四半期の6,210万台まで、11.8%の減少しています

Gartnerによると、Appleがベンダーのトップの座についたのは2016年の第4四半期でした

スポンサーリンク


3位と4位のベンダーであるXiaomiとOppoはそれぞれ33.9%と12.9%の成長を遂げ、Xiaomiが4340万台、Oppoが3430万台の売上を記録しました

苦戦を強いられているHuaweiは、グループ全体で前年比41.1%減と最大の落ち込みを見せ、3,430万台の売り上げで5位に入りました

業界全体では同四半期に全ベンダーで合計3億8,400万台が販売され、5.4%の減少となっています

2020年の通年売上では、Appleは1億9,980万台で2位を達成しています、Samsungの2億5,300万台がトップで、3位のHuaweiの1億8,260万台でした

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)