2020年の半導体チップ購入先No.1はAppleがリードを拡大

2020年の半導体チップ購入先No.1はAppleがリードを拡大

Gartnerの速報結果によると、2020年の半導体チップ購入数はAppleが引き続き第1位で、2020年は前年比24.0%増、世界市場全体の11.9%を占めています

オリジナル機器メーカー(OEM)の上位10社は、2020年の半導体支出が10%増加し、市場全体の42%を占め、2019年の40.9%から増加した。2020年の上位10社は2019年と変わりませんでした

Gartnerのリサーチディレクター、山路正恒氏は声明の中で、「2020年のOEM上位企業の半導体支出に影響を与えた2つの大きな要因は、COVID-19パンデミックと米中の政治的対立である」と述べました

米国政府は2020年にHuaweiに対する貿易制限を強化し、半導体の購入を制限したため、スマートフォンの供給が制限され、市場シェアが低下しました、しかし、2020年後半にHuaweiが作った空白を埋めるために他の中国のスマートフォンOEMが踏み込んできたため、中国市場は半導体ベンダーにとって重要な市場であることに変わりはありません

  • 半導体設計による上位10社の予備ランキング世界の利用可能な市場(TAM)の合計(数百万ドル)
  • Preliminary Ranking

スポンサーリンク


Appleは2020年に世界の半導体顧客第1位の地位を維持しました、これは主にAirPodsの継続的な成功、MacコンピュータやiPadの需要の増加、NANDフラッシュの消費量の増加によるものでです、Samsungは2位の座を維持し、Huaweiとの競争が弱まったことや、データセンター向けのエンタープライズ向けソリッドステートドライブの需要が旺盛であることなどから、2020年の支出が20.4%増加しました

上位10社の中で、2020年に最も支出を増やしたのはXiaomiでした、Xiaomiのスマートフォン事業は、パンデミック期間中、オンラインチャネルを中心とした販売モデルを展開していたため、影響は最小限にとどまりました、Huaweiへの制裁により、Xiaomiはスマートフォン市場でより多くのシェアを獲得することができました

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)