iPhone 13は、電池残量の常時表示、より強力なMagSafeとポートレートビデオモードが改善される

iPhone 13は、電池残量の常時表示、より強力なMagSafeとポートレートビデオモードが改善される

YouTuber EverythingAppleProとMax Weinbachによる新しいiPhone 13の噂によると、Appleは来るべきiPhoneのカメラ体験を改善し、常時表示のサポートを追加すると言います

リークは、AppleがiPhone13シリーズの超広角カメラを改良すると主張しています

これは、iPhone 13シリーズを取り巻く以前のリークでも、Appleが超広角カメラにワイドf /1.8絞りレンズを使用すると述べていることです、さらに、AppleはiPhone13シリーズのビデオに天体写真モードとポートレートモードを追加することも計画しています、後者はiPhone12シリーズの一部であると噂されていましたが、それは起こりませんでした

Appleは、ビデオにポートレートモードを提供するためにLiDARスキャナを常に使用することができましたが、この機能にはかなりの負担がかかる可能性があり、それがおそらくiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでクリアできなかった理由だと言えます

スポンサーリンク


噂で最も盛り上がっているのは、AppleがiPhone 13シリーズに電池残量、最小限の通知の常時表示のサポートを追加することを計画しているようだと言うことです

Appleは2017年にiPhone XからiPhoneでOLEDディスプレイを使い始め、昨年iPhone 12シリーズではiPhoneの全ラインナップをOLEDディスプレイに切り替えました、効率的な有機発光ダイオード (OLED) パネルを使用しているにもかかわらず、同社はiPhoneに常時表示などの機能を提供してません

MagSafeは、Appleがより強力な磁石を使用して、iPhone 13シリーズで改善されます、これは、MagSafeの有用性を向上させるのに役立つはずです

今のところ多くのアクセサリーは、弱い接続のためにデバイスから落ちる傾向があります、Appleが第2世代でMagSafeがペースメーカーと干渉するという問題を解決する方法を検討するかどうかはまだわかりません

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)