Apple Car、HyundaiのE-GMPプラットフォームを使用、GM、PSAとの提携が可能

Apple Car、HyundaiのE-GMPプラットフォームを使用、GM、PSAとの提携が可能

米TF証券アナリストのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、噂されている「Apple Car」について、Appleは米ゼネラル・モーターズや欧州のPSAと提携して新型車を生産する可能性のあり、初期モデルでHyundaiと緊密に協力し開発する、と述べました

Kuo氏は投資家へのメモの中で、Hyundaiとの提携の可能性に関する最近の報道を確認し、同社の電気自動車プラットフォームであるE-GMP上に最初の「Apple Car」が構築されると述べました、Hyundaiが部品の設計と生産を主導し、Kiaが米国での生産を担当すると言います

過去の噂と同様、Kuo氏は、Appleが既存の自動車メーカーに部品製造と組み立てを委託すると考えています

EVはスマートフォンの約40倍から50倍の部品を搭載しており、Appleが機能的な自動車をタイムリーに作成するには、既存の自動車メーカーのリソースに依存する必要があることを示唆しています

そのようにしなければAppleは、iPhone、iPad、Apple Watchのデバイスで行っているように大きな遅れを招くことなく、独自の自動車サプライチェーンを構築することはできません

スポンサーリンク


開発リードタイムの長さ、検証要件の高さ、サプライチェーンの複雑さ、「全く異なる」販売とアフターサービスを考えると、Kuo氏は、いわゆる「Apple Car」が早くても2025年まで世に出ることはないと予想していいます

Appleはこの車を、標準的な電気自動車よりも「大幅に高い」ハイエンドモデルとして販売する可能性が高く、規模を拡大し、コストを削減します

最初の「Apple Car」が成功すれば、AppleはGMとPSAのパートナーを獲得する可能性があります、PSAはプジョー、シトロン、オペルなどのさまざまな市場で自動車を生産しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)