iPhoneは2020年第4四半期に8,200万台を出荷し世界のスマートフォン市場でトップの座を獲得

iPhoneは2020年第4四半期に8,200万台を出荷し世界のスマートフォン市場でトップの座を獲得

市場調査会社の調査によると、2020年第4四半期のiPhone出荷台数は8,180万台で、過去最高を記録しました、一方、Samsungは6,200万台を出荷し、前年比12%減となり、残りのトップ五企業のうち、Xiaomi、Oppo、VivoはいずれもHuaweiを抑えてシェアを伸ばしています

Canalysのアナリスト、Vincent Thielke氏は、次のように述べています

iPhone 12が大ヒットした、Appleは5Gに関して競合他社よりも優位な立場にあり、先進国市場や携帯電話事業者の販売チャネルに大きく偏っています
しかし同時に、同社は売上と利益を伸ばすために舞台裏で巧みな動きを見せ、パンデミックの影響で航空運賃が高騰する中、iPhone用電源プラグを省略し、軽量化と小型化を実現したことで、物流効率が大幅に向上しました

Canalysによると、世界のスマートフォンの出荷台数は、世界的な健康危機が第2波を迎える中、第4四半期に3億5,960万台に達し、前年同期比2%の微減となっています
Shipments in Q4 2020 00001

スポンサーリンク


2020年全体を見ると、Samsungは市場シェア20%でトップの座を維持しているが、成長率は毎年比マイナス14%低下しています、2位はAppleで市場シェア14%、成長率は5%でした

Appleの勢は今年に入っても続いており、昨日同社は2021年の第1四半期が売上と利益の両面で同社史上最高の四半期であり、2020年の第1四半期を上回り、売上1000億ドルの大台を簡単に突破したと発表しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)