センサーシフト光学手ぶれ補正機能はiPhone13の全ラインナップに拡大される可能性

センサーシフト光学手ぶれ補正機能はiPhone13の全ラインナップに拡大される可能性

台湾のDigiTimesが報じた短い記事のプレビューによると、「業界筋によると、2021年後半に発売が予定されているAppleの次世代iPhoneには、すべてセンサーシフト安定化技術が搭載される」と言います

韓国のメディアETNewsは今週、少なくとも二つのiPhone 13モデルにはセンサーシフト安定化機能が搭載され、LG Innotekは必要な部品の供給者であり続けるとの同様のレポートを公開しました

Appleは、iPhone 12 Pro Maxのワイドレンズに初めてセンサーシフト手ぶれ補正を導入しました、この技術は、レンズの代わりにカメラのセンサーを安定化させることで、より大きな手ぶれ補正と写真品質の向上を実現しています

センサーシフト手ぶれ補正がすべてのiPhone 13モデルのワイドレンズに限定されたままになるかどうかは不明です

スポンサーリンク


「センサーシフト手ぶれ補正は、これまでデジタル一眼レフカメラだけのものでした。iPhoneに応用したのは初めてです。公園で子どもたちを追いかけながらビデオを撮る時も、でこぼこ道をドライブしながら窓の外の景色を撮る時も、かつてなく精密な手ぶれ補正を行います」とAppleのウェブサイトは述べています

今月初めにDigiTimesは、LiDAR ScannerはiPhone 13の全ラインナップにも拡大され、mmWave 5Gは米国外で販売されているiPhone 13モデルでも利用できるようになると報じています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)