Apple、超広帯域アプリケーション市場の成長を牽引

Apple、超広帯域アプリケーション市場の成長を牽引

DigiTimesの新しいレポートによると、AppleがUltra Widebandチップを自社のデバイスに搭載したことで、この技術とその可能性のあるアプリケーションに関する研究が拡大しているとのことです

Ultra Widebandは短距離、低消費電力の無線技術で、Bluetooth LEやWi-Fiよりも高精度な屋内測位が可能です

2台のUWBデバイスの間に電波が通過するまでの時間を計算することで、2台のUWBデバイス間の距離を正確に測定することができます

AppleはiPhone 11と12シリーズ、Apple Watch 6、HomePod miniにUWB技術を採用しており、Samsung ElectronicsはGalaxy Note 20 UltraやGalaxy Flip 2などのUWB対応スマートフォンを発売し、中国のXiaomiもUWB対応スマートフォンモデルを提供しているとDigiTimes Researchが指摘しています

スポンサーリンク


AppleのHomePod 14.4ベータ版では、デバイスに搭載されているU1チップを活用した新しいHomePod miniのミュージックハンドオフ機能が導入されると言い、iPhoneがHomePod miniに近づくと、ソフトタッチのリズムが始まり、iPhoneが近づくにつれてどんどん速くなり、HomePod miniとiPhoneの間で曲を転送するためのインターフェイスが開きます

この機能により、HomePod miniとiPhone 11またはiPhone 12でのハンドオフがより迅速かつ確実になり、デバイスがお互いの関係でどこにいるかをよりよく理解できるようにするU1チップのおかげで、より信頼性の高いものになります

AppleはiOS 14で開発者にU1チップを公開し、U1を搭載したデバイス間の距離と相対的な方向をストリーミングすることができる「Nearby Interaction」フレームワークを提供し、新たな空間関連のユーザー体験への道を切り開きました

BMWは先週、ウルトラワイドバンドテクノロジーを組み込んだアップルのカーキー機能の拡張バージョンであるデジタルキープラスを展開する将来の計画を発表しました

これにより、ドライバーは「iPhone」をポケットやバッグから取り出さなくても、ロックを解除して車両を始動できま

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)