AirPods Maxの結露でイヤーカップの中の水滴で一部のユーザーは不満を言う

AirPods Maxの結露でイヤーカップの中の水滴で一部のユーザーは不満を言う

Appleの 「AirPods Max」 ヘッドフォンは、長時間使用した後にイヤパッド内部に水滴が発生し、一部のユーザーから苦情が寄せられています

耳にかけるタイプのヘッドフォンでは結露が生じることは珍しくありませんが、金属製のイヤーカップとぴったりフィットするAppleバージョンでは、その量が増える可能性があります

Donald FilimonはTwitterで「AirPods Maxは長時間使用すると結露する」と報告しています、「寒い部屋で温かい耳とほぼ12時間の連続使用。文字通り、机に向かって音楽を聴いているだけで」と付け加えています

Appleが今月初めに発売したハイエンドのヘッドフォンAirPods Maxについて、批評家の多くはAirPods Maxの高級メタルデザインを称賛し、ヘッドフォンの音質にも感銘を受けたようです

しかし、このプレミアムなデザインは結露の問題を悪化させる可能性があります

スポンサーリンク


金属製の耳カップは、確かに手触りが涼しげで、重さがあり、ほとんどのヘッドホンメーカーが使用している軽量プラスチックデザインとは大きく異なります

交換可能なイヤーパッドは快適なフォームマットレスのように耳を支え、効果的なシールを形成することでヘッドフォンのアクティブなノイズキャンセルを助けます

特定の状況下では、水分も閉じ込めてしまうようです

Redditでも問題に言及したFilimon氏は、「水がドライバーの内部に入り込み、耳の検出の問題を引き起こしている」ため、心配だと述べています

Filimon氏はAirPods Maxに水滴が落ちている写真を撮影しています

耳クッションは狭い空間に空気を閉じ込め、熱も閉じ込めます。外耳を構成する皮膚が汗をかき、それもまた閉じ込められます。これは非常によくある問題で、EarHugzという会社が汗に強いヘッドホンカバーを作っています

耳汗についてはAppleにはどうすることもできないが、同社の高価なヘッドホンには多少の湿気にも対応できることを期待するユーザーが多いのは確かです

とりあえず、AirPods Maxを長時間装着したり、運動をしたりするときは、定期的にイヤーカップを拭くことを検討してみることが必要で、Appleによれば、クッションを取り出して、「柔らかく、乾いた、糸くずの出ない布」で金属の内部を拭くだけです

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)