Apple、過去4年間に発売されたiPhoneでのiOS 14の採用率は81%と発表

Apple、過去4年間に発売されたiPhoneでのiOS 14の採用率は81%と発表

iOS 14が9月に一般公開されて以来初めて、Appleは今年のアップデートの採用情報を開発者のウェブページに掲載しました、Appleの新しいデータによると、iOS 14はiPhoneの81%にインストールされています

AppleのiOSとiPadOSの利用データは、App Storeにアクセスしているデバイスに基づいています、Appleによると、この最新のデータは12月15日に測定されました、Appleは昨年同様のアップデートを提供していないので、前年比の比較はできません

IOS 14 adoption 1215 00001

過去4年間に発売されたデバイスのうち、さらに17%がiOS 13を搭載しており、2%が旧バージョンのIOSを搭載しています、発売時期に関係なくすべてのデバイスに広げると、Appleによれば、72%がiOS 14を搭載し、18%がiOS 13を搭載していて、残りの10%は旧バージョンのOSを搭載しています

スポンサーリンク


iPadに関しては、過去4年間に発売された全デバイスの75%がiPadOS 14を搭載し、22%がiPadOS 13を搭載し、3%がそれ以前のバージョンを搭載しています、こちらでも、すべてのiPadデバイスを見ると、61%がiPadOS 14を実行し、21%がiPadOS 13を実行していて、残りの18%は以前のOSを実行しています

iOS 14がリリースされてから3ヶ月後にこれほど高い普及率を示したのは驚くべきことではありません

ホーム画面ウィジェットのような機能は9月に驚くほど人気となり、多くのユーザーが通常待機していたときに更新するように促した可能性があります

(Source Apple , Via 9to5Mac.)

ちなみに独自の採用率を掲載しているmixpanelの最新の12月14日現在では、iOS 14が80.43%、iOS 13が13.24%、それ以前のOSが6.33%となっています
IOS 14 adoption 1215 00002











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)