Apple独自のミリ波5Gモデムは、次世代iPad Proで最初に採用される可能性がある

Apple独自のミリ波5Gモデムは、次世代iPad Proで最初に採用される可能性がある

Digitimesが引用したサプライチェーンの情報筋によると、Appleは独自のミリ波5Gモデムを、2021年初頭に予定されている次世代iPad Proで、そしてもちろん2021年秋に予定されている次世代iPhoneで初めて使用する予定です

Digitimesによると

Appleが2021年後半にOLED iPad Proをリリースするという最近の噂に続いて、新たなレポートでは、このデバイスが5Gを獲得する可能性があることを示唆しています

Apple mm5G modem 00002

具体的には、5Gシステムが期待されているとする2つの別々のレポートと、AppleがiPad Proで独自の5Gモデムを使用する可能性があると主張しています

スポンサーリンク


​5G iPad Proは以前からうわさされており、コロナウイルスの影響で製造が2021年初頭に延期されたと報じられています、​Appleは、このモデルが発売されるかどうかにかかわらず、独自のデザインの5Gモデムを搭載したiPad Proを計画していると言います

同紙の別のレポートによると、サプライチェーンでは、5Gmm波アンテナ・イン・パッケージ(AiP)モジュールの需要が増加すると予想されているとのことです、この増加は、iPhone 12でこれらのモジュールが使用され、おそらくそのデバイスが成功したことに続くものと考えられています

しかしDigitimesの情報筋によると、Appleはこの開発を拡張する可能性があるとのことで、​5GモデムをiPad Proで使用することを計画している可能性があり、そのプロセスの一環として独自のRF-FEM (RFフロントエンドモジュール)を作成する可能性もあります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)