来年のiOS 15では、iPhone 6sと初代 iPhone SEのサポートを終了か?

来年のiOS 15では、iPhone 6sと初代 iPhone SEのサポートを終了か?

イスラエルのサイトThe Verifierが伝えた噂によると、Appleは来年のiOS 15のリリースでiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusのサポートを終了する言います

同サイトは昨年、iOS 14がiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusが対応する最後のiOSバージョンになると述べていましたが、Appleは新しいデバイスのリリースから約4~5年後にソフトウェアアップデートを提供することが多いため、これは驚くべきことではないでしょう

​iPhone 6sとiPhone 6s Plusが最初に発売されたのは2015年9月で、続いてiPhone SEが発売されたのは2016年3月です

IOS 15 device 00002

当たりハズレもリークに関しては、The Verifierは最高の実績を持っているわけではありませんが、iOS 14はiOS 13を実行できるすべてのiPhoneとiPod touchのモデルと互換性があるだろうと正確に予測していました

スポンサーリンク

噂が正しければ、iOS 15でサポートされるデバイス

  • 2021 iPhone series
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE (2020)
  • iPod touch (7th generation)

どのiPadがiPadOS 15を実行できるようになるのかは不明ですが、iPadOS 15がiPadOS 14を実行できるすべてのiPadと互換性があるとすれば、次のモデルで動作することになります

  • iPad Air 2, 3rd-gen
  • iPad mini 4 and 5
  • iPad 5,6 and 7
  • iPad Pro All

(Source The Verifier , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)