Apple、iPadおよびMacBookラインアップへのMini-LEDディスプレイの採用を加速

Apple、iPadおよびMacBookラインアップへのMini-LEDディスプレイの採用を加速

アナリストMing-Chi Kuo氏の新しいリサーチノートによると、Mini-LEDディスプレイチップのAppleのサプライヤー間での競争の激化は、同社のiPadとMacBookのラインアップにおける先進技術の採用を加速させるだろうとのことです

Kuo氏によると、Epistarが2021年にApple製品のMini-LEDチップの独占サプライヤーになると予測されていた一方で、Sanan Optoelectronicsは技術面で予想以上の開発の実績を上げており、また、以前に予測されていた2022年のタイムフレームではなく、2021年にAppleへの供給を開始する予定とのことです

供給能力の増加とサプライヤー間の競争により、AppleのMini-LEDディスプレイダイのコストは75ドル〜85ドルから45ドル程度まで下がると報じられています

その結果、Kuo氏は、2021年にはiPadの出荷台数の約30~40%、MacBookの出荷台数の約20~30%にMini-LED技術が登場すると予想しており、両製品ラインの出荷台数は10~20%としていた以前の予想を上回っています

スポンサーリンク


Appleは以前から、iPad ProとMacノートブックのラインアップにMini-LEDディスプレイ技術を導入しようとしていると噂されており、Kuo氏は約半年前に、Appleが2021年末までに発売を予定している6つのMini-LED製品を持っていると述べています

その製品には、12.9インチのiPad Pro、27インチのiMac Pro、14.1インチのMacBook Pro、16インチのMacBook Pro、10.2インチのiPad、7.9インチのiPad miniが含まれています

Mini-LED技術のこのディスプレイには1,000から10,000個のLEDが使われており、従来のLEDバックライトディスプレイよりも多くの改善点があり、その技術の欠点がなくても有機ELディスプレイの性能に近いものになっています

Mini-LEDディスプレイは、従来のLEDベースのディスプレイと比較して、より深く、より暗い黒、より明るく、より豊かな色、より優れたコントラストを提供することができますが、この技術は当面の間、コストが大幅に増加します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)