Apple、AirTagsの量産を既に開始、iPhone 12は間もなく製造を開始

Apple、AirTagsの量産を既に開始、iPhone 12は間もなく製造を開始

Appleが「iPhone 12」のイベント開催日を発表するとの噂が絶えない中、サプライチェーンからの新たなレポートによると、Appleはすでに「AirTags」の量産を開始しており、それに加えて「iPhone 12」の製造を間もなく開始し、iPadの注文も増加しているとの新しいレポートが発表されています

日経アジアンレビューによると、Appleはコロナウイルスに起因する生産遅延を数ヶ月ではなく数週間に短縮することに成功したとのことです

iPhone 12シリーズは、9月末または10月初旬に向けて量産する前に、限定生産を開始しようとしていると報告されています

スポンサーリンク


最近の他の噂を裏付けるように、日経アジアンレビューは、iPhone 12の生産は、期待されている6.1インチのOLED iPhone 12 Maxから始まると伝えています

このモデルは、Appleがこれまでに発注した5G iPhoneの40%に相当すると伝えられています

Appleが最大8,000万台の5G iPhoneの部品を発注したとされていますが、2つの情報筋が日経アジアンレビューに語ったところによると、年内に生産されるのは7,300万~7,400万台にとどまる可能性が高いとのことで、残りは2021年初頭に生産される予定です

iPhone 12」シリーズの生産は増加しているが、日経アジアンレビューによると、Appleはすでに来たるべきアクセサリー AirTagsを量産しているとも言われています

さらに、新型iPadの生産台数も増加しており、9月から12月の間に2,700万台を目指すと報じられています、これは、Appleが2019年7月から12月にかけてiPad全機種を生産したのとほぼ同数だと言われています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)