Apple、カスタムGPU搭載のSilicon iMacを2021年後半に発売か

Apple、カスタムGPU搭載のSilicon iMacを2021年後半に発売か

Appleは新しいレポートによると、来年の後半に発売予定の初のArmベースのiMacに、カスタム設計された強力なグラフィックプロセッシングユニットをデビューさせる予定です

中国語の新聞The China Timesによると、Aコードネーム「Lifuka」は、Appleシリコンパワード iMac featureに搭載される自社開発のGPUであり、TSMCの5nm製造プロセスを使用して製造されます

Appleはこれまで、Intel CPUを搭載し、NVIDIAやAMDのGPUを搭載したMac PCを発売してきたが、業界関係者らは、AppleがmacOS Arm 64ビットOSでAMDのGPUのサポートを中止したことを指摘し、今後Appleが採用する可能性があることを示唆しています

SiliconのMacパーソナルコンピューターは、Appleが開発・設計したGPUを使う可能性があります、最近、業界では、Appleのプロセッサに加えて、来年発売されるMacのデスクトップにも、自己開発および設計されたApple GPUが搭載されると報告しています

スポンサーリンク


関係筋によると、Appleが自社開発したGPUは順調に進歩しているという。研究開発コードは「Lifuka」です、次世代のA14Xプロセッサと同様に、TSMCの5nmプロセスで製造されます

AppleはMacのパソコン向けに一連のプロセッサーを設計してきました、新しいGPUは、ワットあたりの性能が向上し、より高い演算性能を実現するとしています、また、タイルベースの遅延レンダリング技術を搭載しており、アプリケーション開発者がより強力なプロフェッショナルアプリケーションソフトウェアやゲームソフトウェアを書くことができるようになるとのことです

Silicon iMac 00002 z

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、AppleがArmベースのチップを採用する最初のMacモデルは、再設計された13.3インチのMacBook Proであり、再設計されたフォームに、Appleの新しいモデルを計画していると予測しています、再設計された13.3インチのMacBook Pro、2020年の第4四半期または2021年の早い時期の第4四半期に新しいモデルを計画しています

Kuo氏の予測とは対照的に、今日のレポートでは、Apple初のArmベースMacは超軽量の12インチMacBookで、コードネーム「Tonga」で2020年末までに発売されるとしています、さらにレポートでは、Appleの12今後のiPhoneラインナップではA14チップが「Sicilian」となっています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)