デベロッパーがAppleにApp Storeの利用規約を変更するよう納得させる

デベロッパーがAppleにApp Storeの利用規約を変更するよう納得させる

ファイアウォールとVPNアプリの開発者は、アプリのレビュープロセスを管理するApp Storeのガイドラインに異議を唱えることに成功し、通常は規則で許可されていない1日パスのサブスクリプションを提供することがかのうとなりました

WWDCでAppleは、App Storeに提出されるアプリとアップデートのレビュープロセスに大きな変更を加えたことを明らかにし、アプリが違反で却下された場合のガイドラインに異議を申し立てることができるようになりました

Twitterへの投稿では、ある開発者がこの新しいプロセスをうまく利用しているようです

Guardian VPNの創設者であるWill Strafach氏は米国時間8月14日、AppleがDay Pass対応機能を削除しない限り、同アプリのアップデートを拒否したことをTwitter上で明らかにしました

違反していた具体的なルールは、自動更新のサブスクリプションが少なくとも7日間継続しなければならない方法に関するもので、デイパスが提供する24時間よりもはるかに長いものでした

アップデートに挑戦した後、アプリのアップデートは1日後に承認されましたが、挑戦はまだ続いていました、9to5Macは8月29日にStrafachからのアップデートを見つけ、ガイドラインへの挑戦は成功したとし、今後のバージョン2のアップデートでデイパスはまだ利用可能であると述べています

スポンサーリンク


「App Store Guidelinesのテキストがいつ公開されるのかはわからないが、注意してほしい」とStrafach氏は書いている。

8月14日というタイミングは、Epic Gamesが米国時間8月13日に「フォートナイト」をアップデートし、App Storeのアプリ内決済メカニズムの代わりに直接決済を利用することにAppleが異議を唱えたことと一致します

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)