品質問題に直面しているiPhone 12カメラサプライヤー

品質問題に直面しているiPhone 12カメラサプライヤー

アナリストMing-Chi Kuo氏の新たな投資家メモによると、Appleの次期非Pro iPhone 12モデル向けカメラレンズサプライヤーの1社が品質問題を抱えていると報告しています

サプライヤーであるGenius Electronic Opticalは、5.4インチおよび6.1インチのiPhone 12向けの広角レンズのコーティングに亀裂が発生する問題に直面しています

この問題は高温高湿 (HTHH) テスト中に発生したもので、Geniusの次期iPhone向け部品供給能力に遅れが生じることになります

しかし、この問題がAppleの出荷スケジュールに影響を与える可能性は低く、Appleの他の主要サプライヤーがその差を埋め合わせることができると考えられる

Appleがこれらのレンズを供給している他のサプライヤーはLargan社であり、Kuo氏によると、同社は品質上の問題を経験していないとのことで、AppleはLargan社からの供給を優先して発売スケジュールを守ることができます

スポンサーリンク


Kuo氏によると、仮にGeniusがカメラレンズの問題を解決したとしても、同社はシェアを取り戻すためのインセンティブとして価格を約30%下げる必要があり、Larganに早い時期にシェアを奪われ、Geniusの全体的な利益率を侵食するだろうとのことです

Appleは先週の決算発表の電話会見で、iPhone 12シリーズが通常よりも「数週間後」発売されることを認めています

発売が延期されたにもかかわらず、予想される4モデルすべてが同時に発売されることはないかもしれません

ある最近の報道によると、発売は2つの段階に分けられ、2つの6.1インチモデル(非ProおよびPro)が最初に発売され、5.4インチ非Proモデルと6.7インチProモデルが少し遅れて発売されると言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)