AppleのiPhoneは減価償却費のための最高の携帯電話リストでトップ

AppleのiPhoneは減価償却費のための最高の携帯電話リストでトップ

噂されているiPhone 12の発売に先立ち、オンライン電話小売業者のcomparemymobile.comが発表した新たな調査結果が明らかになり、Appleがトップ、ソニーが最下位となっています

この調査によると、Sony Xperia 1 IIを発売時に購入した人は、発売から2カ月で約69% 16.86米ドル(2017年に開始)下落しており、iPhone 8 Plus以降で最も紛失総額が多いと述べています

ロンドンに拠点を置く同社の調査によると、フラッグシップ機の平均価格は約871米ドルで、AppleのiPhoneを選ぶことで、下取時に顧客は何百ポンドも節約できる可能性があります

調査では、Apple、Google、Huawei、Samsung、Sony、OnePlusといった主要な端末メーカーの主力端末の価格の最近のリリース時期における取引を比較し、購入を考えている人にとって最高の投資利益率を持つスマートフォンを特定しています

Comparemymobile 00001 z

スポンサーリンク


調査対象となったブランドのうち、価値保持でトップに立ったのはAppleで、iPhoneは3年間で平均52%の価値を保持しています

一方、ソニー所有者は最新のXperia 1 IIによって、携帯電話の価値の4分の3(76%)の端末価値を失うことになると予想されています

わずか2カ月で1,200ドルという価格のうち約826ドル (69%) を既に失っていることになります

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)