AppleとGoogleのCOVID-19 Exposure Notification APIが取得したデータをより柔軟に管理できるように更新

AppleとGoogleのCOVID-19 Exposure Notification APIが取得したデータをより柔軟に管理できるように更新

2015年5月にAppleとGoogleは、「COVID-19 Exposure Notification API」 を導入し、公衆衛生当局がウイルスに感染した際にユーザーに警告を発することができるアプリを提供できるようになりました

このAPIは、これらのアプリが取得したデータをどのように管理するかなど、より柔軟に対応できるように改良が加えられています

COVID-19曝露通知APIのアップデートは、本日Googleが発表したもので、曝露通知をより有能で柔軟なものにするための多くの変更点が含まれています

すでにアプリでこのAPIを採用している公衆衛生当局は、技術情報に基づいて各曝露のリスクレベルを決定するための管理をより多く行えるようになりました

スポンサーリンク


もう一つの重要な変更点は、暴露通知APIの背後にある企業がBluetoothコントローラーを再調整し、近くにいるデバイスの検出を改善したことです

これは、このシステムがBluetooth接続を使用して、ユーザーがCOVID-19で陽性と判定された別の人の近くにいたかどうかを匿名で識別するためです

APIの最初のバージョンでは、異なるアプリが互いに通信することを許可していませんでしたが、この新しいバージョンでは、国の間での相互運用性がサポートされるようになりました

また、このアップデートでは、より信頼性の高いアプリを作成するために、開発者がより詳細なテストを実行できるように、より優れたデバッグツールを提供することも約束されています

Googleによると、これらの改善は、すでに16カ国以上のこのAPIを使用している政府からの要望に基づいて行われたものです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)