Appleはインドで旗艦iPhone 11の生産を開始、中国への依存度を減らす目的も

Appleはインドで旗艦iPhone 11の生産を開始、中国への依存度を減らす目的も

Appleは、同国で初めて最高級モデルを製造するチェンナイ近郊のFoxconn工場で、主力製品であるiPhone 11の製造を開始し、インド政府のMake in Indiaイニシアチブに弾みをつけました

2人の業界幹部によると、生産は段階的に拡大され、アップルは中国への依存度を減らすために、 iPhone 11の輸出を検討する可能性があります

Appleは中国製のiPhone 11をインドでも販売しているため、価格を下げていないませんが、業界幹部はそれは今後の選択肢になるかもしれないと言っており、現地生産により、Appleは22%の輸入税を節約できます

Appleは、新しい 「iPhone SE」 をバンガロール近郊のWistron工場で製造する計画を検討しているとされています

今回の動きは、Appleの製造業の現地化が進んでいることを示しており、同国政府のプロダクションリンクインセンティブ (PLI) 制度の恩恵を活用しようとしています

この動きは、米中関係が悪化している中で、Appleの生産拠点を中国以外にも拡大するのに役立つと、ある幹部は述べています

スポンサーリンク


Appleが昨年9月に発売した新モデル3機種のうち、iPhone 11はインドで最も売れています、地元で製造されたデバイスの供給は既に店舗に届いていると、前述の関係者は述べています

Appleは国内において他に、Foxconn工場でiPhone XRとWistron工場でiPhone 7の2種類の携帯電話モデルを製造しています

市場調査会社のIDCインドによると、700~1,000ドルのセグメントは3月四半期に高い成長率を記録しており、出荷台数は前年同期比で倍増しており、この価格帯のセグメントではiPhone 11が68%を占めていると報告しています

(Via ET Tech.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)