COVID-19がストリーミングを後押しし、Apple Musicがシェア25%を獲得

COVID-19がストリーミングを後押しし、Apple Musicがシェア25%を獲得

Counterpoint Researchが発表した最新の調査結果によると、2020年第1四半期の世界のオンライン音楽ストリーミング契約数は前年同期比35%増の3億9400万契約に達したと報告しています

これは、COVID-19の大流行の中で人々が家にいたため、OTT(Over The Top)プラットフォームの利用が増加したことに牽引されました

新興市場における無料トライアルやサブスクリプション価格の引き下げなどのプロモーションが成長を後押ししました

音楽ストリーミングプラットフォーム上でポッドキャストのジャンルが増えたことも、視聴者が音楽を聴くようになった大きな要因となっています

Counterpoint Research 0712 00001 z

Counterpointのデータによると、Spotifyはストリーミング収益の30%、サブスクリプションの33%を占め、世界のストリーミング市場をリードし続けています

スポンサーリンク


Apple Musicはストリーミング収益で25%を確保したが、2020年Q1のサブスクリプション数ではわずか21%でした

Amazon Musicも前年同期比104%と急成長を遂げています

Tencent Musicは中国で6億5,700万人のMAUを擁し、月間アクティブユーザー数では依然として世界の王者です

Kumar氏は、Apple Musicが新たに52カ国に拡大し、6ヶ月間の無料サブスクリプションを提供し続けているほか、FacebookやInstagramでApple Musicを共有するなどのiOSの新機能もソーシャルメディアのエンゲージメントも向上していると指摘しています

(Via Counterpoint Research.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)