Apple、Appleシリコンチップを搭載したARM MacでThunderboltをサポートすることを約束

Apple、Appleシリコンチップを搭載したARM MacでThunderboltをサポートすることを約束

Appleは、Intelのチップセットからカスタム設計された新しいARMチップを採用して、Intelのチップセットから離れようとしていますが、Intelのプロセッサがないにもかかわらず、新しいAppleのシリコンコンピュータでは、IntelのThunderbolt USB-C接続規格をサポートすることを約束しています

Appleの広報担当者はThe Vergeに対する声明で、「10年以上前、AppleはThunderboltの設計と開発のためにIntelと提携しており、現在ではすべてのMacにもたらすスピードと柔軟性を顧客は享受している。われわれは今後もThunderboltの将来にコミットしており、Appleのシリコンを搭載したMacでサポートする予定」と述べました

Appleが次期MacでThunderboltのサポートを失うのではないかという懸念がありましたが、AppleがIntelと協力してオリジナルのThunderbolt標準の開発を支援してきたことを考えると、標準に固執するのは理にかなっています

この提携にもかかわらず、AppleはまだIntelチップを搭載したMac以外の製品でThunderboltをサポートしていません、特にAppleのARMベースのiPad Proは、標準のUSB-Cポートを備えていますがThunderbolt 3コネクタではありません、AppleのARMベースのDeveloper Transition Kitも、標準のUSB-Cポートのみを搭載しています

スポンサーリンク


このニュースは、Intelが近々発表するThunderbolt 4規格の詳細を明らかにした際に発表されたもので、USB-CのUSB4規格をベースにしたものになります

Thunderbolt 3とThunderbolt 4の両方とも、標準的なUSB 3とUSB4規格に比べて高いハードウェア要件を提供し、通常のUSB-C規格では不足しがちな一貫性を提供しています

特にThunderbolt 4は、Thunderbolt 3が提供していたのと同じ40 Gbpsの速度を提供していますが、さらに厳しいハードウェア要件を追加しており、デバイスは2つの4Kディスプレイまたは1つの8Kディスプレイのいずれかをサポートする必要があり、最大32 GbpsのPCIeデータ転送速度を可能にする必要があります

Appleは2020年末までに最初のARMベースのMacを発売する予定で、2年以内に製品ラインアップを完全に自社チップに移行する予定です

(Via The Verge.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)