AppleはMacをAppleシリコンに移行することで、年間22億ドルを節約できる可能性がある

AppleはMacをAppleシリコンに移行することで、年間22億ドルを節約できる可能性がある

Seeking Alphaによると、AppleはMacにIntelチップを搭載せず、Appleが設計したARMベースのカスタムシリコンを採用することで、年間22億ドルのコスト削減が可能になると予測しています

Appleシリコンの利点

カスタムチップを搭載したAppleのデスクトップMacは、一般的なラップトップの消費電力でIntelと同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮すると言います

このチップは、プロセッサが利益率の高いコンポーネントであることから、より汎用的なPCの実装に使用されるIntel製チップと比較して、Appleはハードウェアとソフトウェアの設計をよりよく制御することができ、意味のあるコスト面でのメリットが得られます

Appleは期待される性能向上に加えて、数十億ドルのコスト削減という大きなメリットがあります、Trefis氏は、2022年に約2,000万台のMacを出荷することで、Appleにとって22億ドルのコスト削減につながると見積もっています

Apple Silicon Seeking Alpha 00001 z

スポンサーリンク


コスト削減の根拠は、Intelのデスクトップ用プロセッサの平均コストを150ドルとしています

同時に、IHS Markitは、iPhoneのプロセッサのコストはそれぞれ30ドルであることを示唆しています

Trefis氏は、Macのチップはもう少しコストがかかる可能性があると示唆しており、カスタムシリコンを使用した場合、1チップあたり110ドルのコスト削減となる40ドルを見積っています

研究によると、アナリストはAppleが収益の4%失っているといいます、720億ドルの収益基盤を持つIntelは、Appleからの収益で29億ドルを失うことになります

2019年に1,900万台のMacが販売されましたが、Macの平均プロセッサコストはTrefisの推定値150ドルとなります

もしAppleがMacのチップを1個50ドルで作ることができれば、同社は年間10億ドルしか使わず、より優れたチップへの切り替えで20億ドルという驚異的な金額に近い節約ができることになります

コスト削減とパフォーマンスの向上が予測されることを考えれば、この動きは文句のつけようがありません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)