iPhone 12は20WのUSB-C電源アダプタで出荷か

iPhone 12は20WのUSB-C電源アダプタで出荷か

iPhone 12をめぐる新たなリーク情報では、Appleが20 WのUSB-C電源アダプタを搭載した製品ラインアップを出荷するとしています

Appleは昨年、より高速な18 WのUSB-C電源アダプタを 「iPhone 11 Pro」 ラインアップとともに出荷することに切り替えました

Appleは、2007年に最初のiPhoneに最初に出荷されたのと同じワット数の充電器である5W充電器をiPhone 11に引き続き出荷しています

5 Wの充電器と比較すると、18 WのUSB-C充電器は、iPhone 11 Proシリーズをわずか30分で0%から50%まで高速充電することができます

昨年のトレンドを踏まえると、Appleは今年、iPhone 12 Proラインアップに20 WのUSB-C高速充電器を搭載する可能性が高いです

充電器のワット数が2W増加しても、充電速度に大きな違いをもたらすことはほとんどありません


スポンサーリンク


iPhone 11 Proのラインアップとは別に、Appleは18 WのUSB-C高速充電器をiPad Proにバンドルしています

実際、同社はまずiPad Proシリーズで18 Wの高速充電器の構築を開始し、続いてiPhone 11 Proシリーズを2019年に発売しました

現在、ほぼすべてのフラッグシップAndroidスマートフォンには25W以上のUSB-C急速充電器が搭載されており、いずれも1時間程度で0~100%の充電が可能です

iPhone 11 Proは付属の18 Wの充電器を使えば30分で50%まで充電できるが、フル充電には1.5時間近くかかります

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)