AppleはAirPowerの過熱問題を解決と言われる

AppleはAirPowerの過熱問題を解決と言われる

新製品のリーク情報によると、AppleのAirPower C 68」プロジェクトは、3つのデバイスの充電パッドの急激な過熱を引き起こすApple Watchの問題を解決したとしています

Jon Prosserからの新しいリークは、Apple WatchがAirPowerワイヤレス充電プレートのコードネーム”C68″で充電されていることを示していると主張しています

これが重要なのは、AppleがAirPowerプロジェクトが以前にキャンセルされた理由と考えられている重要な過熱問題を解決したことを示唆しているからです

Appleはこれまで、長らく発売が延期されていた AirPower」を中止した理由の説明を拒否していました、その代わりに、シニアバイスプレジデントのDan Riccio氏は、AppleInsiderやその他の出版物に対して2019年3月に短い声明を発表しています

多くの努力の末、私たちはAirPowerが私たちの高い基準を達成できないと結論し、プロジェクトをキャンセルしました


この発売を心待ちにしていたお客様には申し訳ありません。私たちは、未来はワイヤレスであると信じ続け、ワイヤレス体験を前進させることに尽力しています

スポンサーリンク


その後、Prosser氏はそれが過熱によるものであり、燃焼点まで過熱していると報告しました、Apple Watch独自のワイヤレス充電システムは、他のデバイスよりも多くのエネルギーを必要としました

AirPowerは、複数のデバイス (Apple Watch、iPhone、AirPods など) を表面のどこにでも配置して充電できるようにするはずでした、しかし、Prosser氏によると、「マットの上に他のデバイスと一緒にApple Watchを置くと、マット全体がオーバーヒートしてしまいます」と言います

Prosser氏は、今年初めにテスト中の「C68」プロトタイプデバイスが熱を管理するためにA11プロセッサを追加したと報告していました

彼は、これらのプロトタイプはApple Watchをサポートしていないが、現在はサポートしていると延べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)