Apple、6月22日(現地時間)からのWWDC 2020のラインナップを発表

Apple、6月22日(現地時間)からのWWDC 2020のラインナップを発表

WWDC 2020

WWDC20は、基調講演、Platforms State of the Union、100以上のエンジニアリングセッション、まったく新しいDeveloper Forums、1,000名以上のAppleエンジニアに一対一で質問できるラボなど、充実の内容となっています

今年のWWDC 2020は、新型コロナウイルスのパンデミックの中オンラインでと言う過去に例を見ない試みで米国時間の6月22日~26日に開催されます

Appleは、WWDC20の開催要項について発表しました

スペシャルイベント基調講演

日時:6月22日午前10時(日本時間:6月23日午前2時)

Appleの提供するすべてのプラットフォームについて、今年後半に登場が予定されているエキサイティングで革新的な機能や更新内容について

基調講演イベントは Apple Park から直接、apple.com、Apple Developer アプリケーション、Apple Developer ウェブサイト、Apple TV アプリケーション、YouTube を通じてストリーミングで配信され、配信終了後はオンデマンド再生により視聴できる予定です

Platforms State of the Union

日時:6月22日午後2時(日本時間:6月23日午前6時)

iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS すべての最新の進化を深く掘り下げます

State of the Union は、Apple Developer アプリケーションと Apple Developer ウェブサイトを通じてオンデマンドにより提供される予定です

スポンサーリンク

100以上のエンジニアリングセッション

日時:6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)

WWDC20の2日目からは、開発者が次世代のアプリケーション開発を学ぶのに欠かせない、Appleのエンジニアたちのリードによる技術とデザインにフォーカスした100以上のセッションが提供されます

セッション映像は毎日午前10時に(日本時間:6月24日以降の毎日午前2時より)公開され、iPhone、iPad、Apple TV の Apple Developer アプリケーションならびに Apple Developer ウェブサイトを通じて視聴できます

1対1の開発者ラボ(予約制)

日時:6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)

Appleプラットフォームの最新の進化に携わったAppleのエンジニアとの面談をリクエストし、マンツーマンの技術指導や、新機能の実装方法について詳しい説明を受けることができます

開発者ラボは Apple Developer Program メンバーであればどなたでも参加できます(定員制)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)