Apple、「iTunes U」と「iBooks Author」を終了すると発表

Apple、「iTunes U」と「iBooks Author」を終了すると発表

AppleのWebサイトに掲載された2つの新しいサポートページを通じて、iTunes Uは2021年末に廃止され、iBooks Authorはそれよりもずっと早く、2020年7月1日に利用できなくなると発表しました

どちらの発表も、長い歴史を持つソフトウェアに関わるものなので注目に値しますが、これらの動きの兆しは何年も前から見えていました

iTunes Uは、AppleがリソースをClassroomとSchoolworkのプラットフォームにリダイレクトしたため、最近では最小限の投資しか受けていません

iBooks Authorも同様に、機能の多くが最近のPagesのアップデートに組み込まれたことで停滞していました

Appleは、iTunes Uで公開されているコンテンツのパブリッシャーに対し、コンテンツをApple PodcastまたはApple Booksに適切に移行するよう推奨しています、一方、プライベートコンテンツはスクールワークへの移行に適しています

スポンサーリンク


iBooks Authorはこれ以上のアップデートを受けられず、7月1日から完全にダウンロードできなくなります。すでにアプリを所有している人は引き続き使用できますが、Appleはすべての人に、本の作成をPagesに移行することを勧めています

Appleは次のように述べています

PagesにインポートしたいiBooks Authorの本を持っている場合は、本のインポート機能が間もなくPagesに登場します。これにより、PagesでiBooks Authorファイル(.iba)を開いて編集できるようになります

うまくいけば、この近日中のアップデートでPagesの書籍作成ツールが、現在iBooks Authorに存在するものと同等の機能に近づくことも期待できますが、しばらくは実現しないかもしれません

WWDC 2020がますます近づいてきているので、Appleは事前発表を邪魔にならないように明らかにしているので、ビッグショーは過去ではなく未来​​に焦点を合わせることができます

その意味では、今後数週間はアプリや開発者関連の発表が増える可能性があります

(Via MacStories.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)