AppleのサプライヤーBroadcom、「iPhone 12 」の発売が1四半期の遅れ示唆

AppleのサプライヤーBroadcom、「iPhone 12 」の発売が1四半期の遅れ示唆

AppleのサプライヤーであるBroadcomの最高経営責任者 (CEO) は、ワイヤレス部門の売上高の増加が今年の通常より1四半期遅れるとの見通しを示し、2020年のiPhone発売も同様に遅れると示唆しました

決算発表の電話会議で述べられたコメントの中で、BroadcomのチーフであるHock Tan氏は、利益の遅れの原因として「北米の大規模な携帯電話」顧客の「主な製品サイクル遅延」を挙げました

Bloombergが報じているように、Tan氏はAppleに言及する際に曖昧な名称を使うことがあります

「We are in」とHock氏は述べ、次期iPhoneに搭載されるBroadcomの部品を指していると推測しています

スポンサーリンク


具体的には、Tan氏は、「今年は、第4四半期までは、このような収益の増加を期待していません。したがって、それに応じて、第3四半期のワイヤレス収入は、前四半期比でダウンすると予想しています」と述べています

Appleは2015年秋に次世代の「iPhone 12」を発表すると広く予想されていますが、進行中のコロナウイルスのパンデミックに伴う製造上の問題に対処するため、正確な発売時期については議論が続いています

直近では、サプライチェーンからのレポートによると、Appleのアセンブリパートナーが7月に生産を開始するために準備を進めていると言います

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)