Apple、6.1インチiPhone 12が他のモデルに先立って7月での生産準備中

Apple、6.1インチiPhone 12が他のモデルに先立って7月での生産準備中

Appleのフラッグシップモデル「iPhone」の生産スケジュールが間もなく始動し、「iPhone 12」の生産は通常よりも少し遅れて7月に開始されると業界筋が主張しています

複数の報道によると、製造サプライチェーン内の「iPhone 12」情報筋は、AppleがiPhone Xと同様の発売時期を迎えることを明らかにしており、まもなく製造が開始されると述べています

秋のフラッグシップモデルである「iPhone」の生産がこれまでは5月か6月上旬に開始されてきたのに対し、2020年モデルでは7月、あるいは8月にも生産が開始されると報じられています

Digitimesによると、この量産は具体的には6.1インチの「iPhone 12」モデルを対象としているとのことです

スポンサーリンク


Appleは「iPhone 12」シリーズとして合計4つのモデルをリリースする予定で、そのうちの2つはこの6.1インチの画面サイズを持つと報じられています

これらは、現在のiPhone 11 Proと新しい「iPhone 12 Max」のアップデートと考えられています

製造日は不明であり、この新しいレポートでは言及されていませんが、「iPhone 12」には5.4インチのディスプレイが搭載される予定であり、「iPhone 12 Pro Max」には6.7インチのディスプレイが搭載される見込みです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)