Apple、Apple WatchやAirPodsで2020年第1四半期において再びウェアラブル市場を支配

Apple、Apple WatchやAirPodsで2020年第1四半期において再びウェアラブル市場を支配

International Data Corporationの「Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker」の新しいデータによると、2020年第1四半期の世界のウェアラブルの出荷台数は、デバイスの総台数が7,260万台に達し、前年同期比29.7%増となりました

IDCのウェアラブルチームのリサーチディレクターであるRamon T. Llamasは声明で、「時計に対する下向きの圧力により、責任は2020年の後半にシフトします」と述べています

2020年第1四半期

2020年第1四半期の出荷量、市場シェア、および前年比成長率による上位5のウェアラブルデバイス企業(単位:出荷数100万)

Wearable Device Q12020 00001 z

Appleは29.3%のシェアと2,120万台で再びウェアラブル企業のトップに立ちました

Apple Watchの出荷台数はサプライチェーンの問題で減少したものの、BeatsやAirpodsのラインナップの強さがマイナス成長を十二分にカバーしたと言います

スポンサーリンク


Fitbitは、同社の生産の多くが中国を拠点としており、四半期中に複数週にわたって供給問題に直面したため、四半期中に26.1%の減少となりました

同社はウェアラブル分野における主要ブランドの1つであり、有望な技術とともに大規模なユーザーベースを維持しているが、主要な市場でAppleやSamsungのような企業との競争が激しいため、同社の成長力は抑制されています

2020年第1四半期の出荷量、市場シェア、および前年比成長率の上位5社のWatch 企業(単位:出荷数100万)

Wearable Device Q12020 00002 z

(Via Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)