「iOS 14」 の大量リークには、iPhoneが盗まれた可能性が

「iOS 14」 の大量リークには、iPhoneが盗まれた可能性が

Appleは、iOS 14を9月にリリース予定

新しいiPhoneがリリースされるのは数カ月後、AppleがiOS 14を発表するのは数週間後ですが、Appleの次世代モバイルハードウェアとソフトウェアについて知るべきことはすべてわかっているように見えます

Appleの最善の努力にもかかわらず、またTim Cook氏がAppleは製品の秘密に関して「倍増」すると語ったにもかかわらず、次期iPhoneモデルとiOSリリースに関する詳細は、何カ月も前から日常的にリークされています

次期iPhoneのリリースとなると、情報がどのように漏洩する傾向があるかが容易に分かります

Appleのサプライチェーンは驚くほど広大です、逆にサプライチェーンのパートナーや部品サプライヤーに新しい設計や機能を効果的に抑制してもらうことは、現時点では現実的ではありません

しかし、iOSのリークは全く別の問題です、iPhoneのリークはサプライチェーンのせいだと思うかもしれないが、新しい機能やコードがAppleのエンジニアの手から離れないことを考えると、少なくとも理論的には、iOSのリークはずっと少ないはずです

スポンサーリンク


しかし、毎年、WWDCの数カ月前からiOSの新機能が出回り始めています、ここ数ヶ月の間に、iOS 14の多くの機能がリークされました

HomeKitの新機能からiMessageの新機能まで、iOS 14の新機能がリークされない週はないようです

一体何が起きているのでしょう?

VICEの報道によると、iOS 14の初期バージョンがこの2月にリークされて以来、セキュリティ研究者やハッカーなどの間で出回っているといいます

Motherboardでは、どのようにして流出したのかを独自に正確に検証できていませんが、今回の流出に詳しい脱獄コミュニティの5人の情報筋は、誰かがAppleの開発者のみが使用できるように作られた2019年12月付けのiOS 14のバージョンを実行している開発用iPhone 11を入手したと考えていると語っています。これらの情報筋によると、何者かが中国のベンダーから数千ドルで購入し、iOS 14の内部ビルドを抜き出してiPhoneの脱獄・ハッキングコミュニティで配布したとのことです

驚くことではないが、iPhoneのセキュリティ分野に巨額の資金があることを考えると、このリークされたビルドへの関心は計り知れません

そして、iOSのリークは当然だが、リークされたiOS 14がWWDCの6-7ヶ月前から出回っていたことを考えると、このケースは特に異例です

とはいえ、iOSの最終リリースバージョンは、初期の開発ビルドとは大きく異なるのが普通です

というわけで、iOS 14の早期リリースがオンラインに出たとしても、来月のWWDCでAppleが発表するバージョンには、まだいくつかサプライズがあるのは当然です

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)