Apple、2020年「Fortune 500」で順位を一つ落として4位

Apple、2020年「Fortune 500」で順位を一つ落として4位

Fortune 500

Fortune誌のリストに掲載されている企業は、それぞれの会計年度の総売上高でランク付けされています

この調査には、米国で法人化され、米国内で事業を展開し、政府機関に財務諸表を提出している企業が含まれています

政府機関に申告していない民間企業、米国外で設立された企業、国内外の他の企業によって連結された米国企業で政府機関に申告している企業は除外されています

Top 10

  1. Walmart
  2. Amazon.com
  3. Exxon Mobil
  4. Apple
  5. CVS Health
  6. Berkshire Hathaway
  7. UnitedHealth Group
  8. McKesson
  9. AT&T
  10. AmerisourceBergen

スポンサーリンク

Apple

Fortuneは次のようにAppleを評しています

Appleは2019年、売上高では2%減の2600億ドル、ランキングでは3位から4位へと順位を下げました
Appleの利益は550億ドルでした、3つのカテゴリーがAppleの売上低迷を物語っています


ストリーミングやサブスクリプションなどのサービスの売上が増加したのは、全体の18%で、16%の増加となりました
そして、ウェアラブル(AirPodsやWatches)やその他のiPhone以外のアクセサリー(iPod、HomePods、Beats製品)は41%跳ね上がったが、全体の9%でしかありませんでした

(Via Fortune.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)