Apple、オンラインでのWWDC 2020を6月22日に開催することを発表

Apple、オンラインでのWWDC 2020を6月22日に開催することを発表

Appleは本日、毎年恒例のWorldwide Developers Conference (WWDC) を6月22日から実質的にApple Developer appとApple Developer websiteで開催すると発表しています

今年で31年目を迎えるWWDC20は、世界中の何百万人ものクリエイティブで革新的な開発者が、iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアから学びながら、世界中のAppleのお客様の生活を豊かにするアプリ体験を構築する機会となります

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏は次のように述べています

WWDC20は、2300万人以上の開発者を擁するAppleのグローバルの開発者コミュニティが6月の1週間に、かつてない方法で集結してAppleプラットフォームの未来について学ぶ、過去最大のイベントになることが見込まれます。グローバルの開発者コミュニティの皆さんと6月にオンラインでお会いし、開発者の皆さんがこれまで以上に素晴らしいアプリケーションやサービスを作り出すのを支援するべく、私たちがこれまで取り組んできた新しいツールのすべてをお伝えするのが待ち切れない思いです。WWDC20の詳細については、このエキサイティングなイベントの開催日に近付く中で徐々にお知らせしていこうと思います

スポンサーリンク


開発者の皆さんは、Apple Developerアプリをダウンロードすることをお勧めします。追加のWWDC20プログラム情報(基調講演、プラットフォーム一般州の詳細、セッションおよびラボのスケジュールなどを含む)が6月に公開されます

今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの5つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)