Tim Cook、「交通機関の未来を形作る7人のビジョナリー」に選ばれる

Tim Cook、「交通機関の未来を形作る7人のビジョナリー」に選ばれる

ロンドンで開催されたこのイベントは、個人の移動手段を今まで以上に価値あるものに変えつつあるワイルドな乗り物の時代です

近いうちに利用できるようになる宇宙観光だけでなく、さらに未来的な火星の植民地化も実現しました

今日のコメントで言及されたのは、Virgin Galactic Holdings,Inc.(NYSE:SPCE)、Apple Inc.(NASDAQ:AAPL)、General Motors Company(ニューヨーク証券取引所:GM)、A.P.Moller–Marsk A/S(OTCPK:アンクビー)、Baidu,Inc.(NASDAQ:BIDU)

もう少し冷静な見方をすれば、われわれは電気自動車の大量収益化、そして最後に、ミレニアル世代が望むような環境に優しいライドシェア会社を見ています

その背景には、交通分野を永遠に変革する7人の男たちの存在があります

Financial News Mediaは、「交通機関の未来を形作る7人のビジョナリー」を紹介しています

リストには、Tim Cook以外に、 Telsa’s Elon Musk,、Sayan Navaratnam (a businessperson who has been at the helm of five different companies)、Virgin’s Richard Branson、General Motor’s Mary T. Barra、A.P. Moller-Maersk’s Søren Skou、そして Baidu’s Robin Li.です

スポンサーリンク


Tim Cookに付いては次のように紹介しています

Steve Jobsの下、アップル(AAPL)はイノベーションと持続可能性の指標となった。Tim Cookは、Jobsの信条を肝に銘じ、アップルのすべての事業を創造性、持続可能性、革新性の見事な実例へと変えました


何十年もの間、Appleのコンピュータはテクノロジーとスタイルの最先端を走り続けてきました。作家やデザイナー、さらにはコンピューター・プログラマーにも愛されているこの象徴的なブランドは、世界中のオフィスで必需品となっています。iPhoneは、あまりにも、ゲームチェンジャーでした。最初にリリースされたとき、このデバイスは私たちが知っている携帯電話のすべてを完全に覆した。スマートな画面と前例のない機能は、携帯電話業界にとって転換点となった。


しかし、今や有名になったこれらの製品は、Appleが用意しているものの半分でもない。実際、ほとんどの人は、同社が銀行や自動運転車に参入しようとしていることすら知らない


Appleは2014年から、秘密主義の電気自動車プロジェクト「タイタン計画」に密かに取り組み始めた。噂ではプロジェクトの中止が示唆されていたが、信頼できるAppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、現在も健在で、自動運転技術を搭載したApple車は2023年から2025年の間に発売される可能性があると推測している


2017年、まれに見る率直に、CEOのTim Cookはこれらの計画を認め、「私たちは自律システムに注力しています。これは、私たちが非常に重要だと考えているコアテクノロジーです。私たちは、すべてのAIプロジェクトの母と考えています。これはおそらく、実際に取り組むべき最も難しいAIプロジェクトの1つだろう。」といいました


Cook氏の下、Appleは世界初の1兆ドル企業としての地位を確保しながら、テクノロジを限界まで押し進めて成功を収めています

(Via Financial News Media.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)