Appleとスタンフォード大学、新しいCOVID-ID情報アプリを共同開発

Appleとスタンフォード大学、新しいCOVID-ID情報アプリを共同開発

Appleとスタンフォード大学は新しいiPhoneアプリで提携し、ベイエリアの警察官、消防士、救急救命士にCOVID-19のパンデミックに関する情報と安全対策を提供します

Stanford Medicineによると、First Responder COVID-19Guideアプリは、AppleのResearchKitとCareKitフレームワークを使って、「Appleのサポートにより、最初の対応者が症状をスクリーニングし、必要に応じて検査予約を取ることができるのを支援する」目的で作られています

ResearchKitは、医師、科学者、その他の研究者が世界中の参加者からiPhoneアプリを使ってより頻繁かつ正確にデータを収集できるようにすることで、iPhoneを医学研究のためのツールに変えます、CareKitは、患者が介護において積極的な役割を果たすのを支援するツールです

「その目的は、最初の対応者がコロナウイルスの大流行時に、可能な限り安全な条件下で作業しながら、必要な医療を効率的に利用できるようにすることです」 とスタンフォードは述べています

将来的には、優先度の高い検査を食料品店の店員や公共サービスの職員など、最前線の重要なサービス従事者にまで拡大し、他の郡の救急隊員が、ベイエリアにあるStanford Medicineの7つの外来検査施設の1つに接続できるようにしたいと考えています

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)