Appleの新製品開発は、従業員が在宅勤務に適応するにつれて順調に進行中

Appleの新製品開発は、従業員が在宅勤務に適応するにつれて順調に進行中

Bloombergが報じた新たなレポートによると、世界中のApple従業員が自宅で働いているにもかかわらず、Appleの次期製品開発は通常通り進んでいると伝えています

Appleは現在、HomePod、Apple TV、MacBook Pro、廉価版iPad、Apple Watch、iPhone、およびiMacの新バージョンに取り組んでおり、いずれも「早ければ今年中に」リリースされる可能性があり、以前から2020年にリリースされると噂されていました

また、Appleのソフトウェアアップデートも軌道に乗っており、6月に開催されるオンラインでのWWDCでお披露目されると予想されています

Appleの製品開発計画に関するこのような情報とともに、Bloombergは、今朝早くにThe Informationのレポートで公開された在宅勤務の課題の多くを取り上げています

新製品の開発は進んでいるものの、ハードウェアの開発ではいくつかの小さな障害が発生しています

スポンサーリンク


ハンズオン開発を必要とする仕事をしている一部の従業員は、今でもAppleのシリコンバレーオフィスに入ることを許可されているが、イタリア、ドイツ、アジアなどの世界の他の地域では、より厳しい勤務制限がその実現を妨げています

Appleは、従業員が在宅勤務をしている間は守秘義務を重視しており、それが「機密の仕事を秘密にしておくのに重要」であることを従業員に伝えています

Appleは3月から、通常は許可されていないが将来のデバイスの初期バージョンを厳しい監視がありますが、エンジニアが自宅に持ち帰ることを許可しています

将来の製品を家に持ち帰るには、従業員組織の副社長からゴーサインをもらう必要があります、Appleの最高経営責任者 (CEO) であるTim Cook氏が率いる経営チームであるシニアバイスプレジデントも、自宅に将来のデバイスを配備するスタッフのリストを見直すことがあります

Appleは、すでにリークしたiOS14を含む新しいソフトウェアの将来バージョンを自宅に持ち帰ることができる従業員についても「取り締まり」を行っています、「iOS14」 やその他のソフトウェアアップデートに従事する従業員も、Appleの幹部チームから承認を得なければなりません

Apple Park、Infinite Loopをはじめとするベイエリアのオフィスの従業員は、ベイエリアが適所に避難所を拡張すると予想されるため、少なくとも5月1日までは自宅で仕事をする可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)