iPhone、新型コロナウィルスの影響の中インドでの1月2月の販売は55%以上増加

iPhone、新型コロナウィルスの影響の中インドでの1月2月の販売は55%以上増加

Head-Industry Intelligence GroupのPrabhu RamはIANS(インドのインド・アジア・ニュース・サービス)に対し、「インドのアップルのiPhone出荷台数は2020年の最初の2ヶ月間で55%以上増加しました

新型コロナウイルスの影響が完全に及んでいる場合は、3月以降のデータを評価する必要があります

Appleの iPhone 11とXRは、2020年の最初の2か月間、iPhoneの出荷に最も貢献し続けました

同社は、2019年半ばからインドでの運勢が劇的に変化し、「Make in IndiaMake in India」製造が増加し、iPhoneに必要な刺激を与えています

Ramは、次のように述べています

現地の製造業の増加とは別に、Appleは慎重な価格設定と洗練されたチャネル戦略で顧客に好意的でした。2019年、Appleの出荷台数は、成功したiPhone 11とiPhone XRを背景に17%(前年比)増加しました

スポンサーリンク


インドのハイテクサイト「TheNewsMinute」はさらに、Appleがインド市場で新たな措置を講じていることを指摘し、特に魅力的な国内市場だけでなくiPhoneをヨーロッパを含む他の市場に輸出ハブとして注目していることを報告しました

Cook氏は「私はインドでの機会を多いに信じています。それは比類のない活気と人口統計を持つ国です」と株主総会で述べています

(Via Patently Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)