Apple Music、メジャーなレコードレーベルとの複数年契約を締結

Apple Music、メジャーなレコードレーベルとの複数年契約を締結

Financial Timesのレポートによると、Appleはここ数カ月でソニーミュージック、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージックのような主要な音楽レーベルとの複数年のライセンス契約を締結しています

「最近数か月で」署名されたライセンス契約により、Taylor Swift、Lizzo、Adeleなどの人気アーティストの音楽が「Apple Music」サービスで引き続きストリーミングされます。

「Apple Music」とApple TV + をバンドルする契約には条件がないため、Appleがサブスクリプションサービスのバンドルに取り組んでいるという噂にもかかわらず、このようなバンドルは現時点では機能していないようです

Appleは、ロイヤリティレートを決定し、曲の権利を更新するために、数年ごとに主要なレコードレーベルを再訪します

Appleは現時点で複数年の取引を行っているが、「Apple Music」のライバルであるSpotifyは苦労していると言われています

Spotifyはユニバーサルミュージックとワーナーミュージックと約1年間ライセンス協議を行っており、レコードレーベルは新しい条件の合意に取り組む中で、毎月既存の契約を延長しています

(Via “>MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)