Apple、新型コロナウィルス感染の予防策としてApple Storeの従業員にAirPodsまたはApple Watchの試着を推奨しないように指示

Apple、新型コロナウィルス感染の予防策としてApple Storeの従業員にAirPodsまたはApple Watchの試着を推奨しないように指示

Appleは、新型コロナウィルスのパンデミックが続く中、Apple Storeの従業員に追加の変更を展開しています

Apple Storeの従業員は、顧客がApple WatchやAirPodsのような製品を試してみることを奨励せず、顧客が要求に応じてのみ行うことを許可するように指示されています

新型コロナウイルスの大流行の中で、Appleがスタッフと顧客を保護するために講じている広範な対策の一部です、同社はまた、店舗間のスツールと椅子の数を減らして、人々との距離を促進しています

Appleが最近数週間に取った他の警告措置には、清掃スタッフの増員や店舗への手指消毒剤ステーションの設置が含まれます

スポンサーリンク


Appleは常にApple Watchを「これまでで最も個人的なデバイス」として宣伝しており、2015年に最初のモデルが発売されて以来、顧客がこの製品を試しに試みることを可能にしてきました

昨年、AppleはApple Watch Studioと呼ばれるスマートウォッチをさらにパーソナライズするための新しいプログラムを立ち上げ、顧客は所定のバンドとケーシングの組み合わせを購入するのではなく、特定のバンドと自分の選択したケーシングをペアリングすることができます

Appleは時計の試着プロセスを排除していない、と人々は言っています、当面は一部の店舗で積極的に宣伝するのをやめました

また、すべてのApple Storeがこのポリシーを実施しているのか、特定の場所だけで実施しているかは不明です

Appleの広報担当者は、同社が店舗の混雑を制限するための措置を講じていることを確認しましたが、試着の縮小がそのプロセスの一部であるかどうかについてコメントを控えました

(Via Business Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)