新型コロナウィルスにも関わらず、AppleのiPhoneの生産は2019年以上に増加

新型コロナウィルスにも関わらず、AppleのiPhoneの生産は2019年以上に増加

UBSのTimothy Arcuri氏は、第1四半期のiPhoneの生産が、Appleが販売数を提供したときから約35%減少したと報告しています

具体的には、この四半期に4,700万台が第4四半期に生産されると考えられていたのに対し、Arcuriは、Appleが約3,600万台を第1四半期に生産したと予測しています

しかし、これは前年同期と比べてまったく低下していません

3,600万台が正確な場合、これはUBSの数字によると、2019年の第1四半期と比較してiPhoneの生産と販売が4%増加することです

Arcuri氏は、前四半期の4,000万台に対して、6月に終了する第3四半期には3,800万台のiPhoneが販売されると予想しています

スポンサーリンク


Arcuri氏による生産数の改定は、コロナウイルスによって引き起こされる製造と需要に対するサプライチェーンの影響によるものです、同氏は、第1四半期末までに生産が戻り、完全生産は第2四半期まで戻ると予想しています

3月四半期の見積りは変更せず、Appleの元のガイドよりも6%低く、中国での15〜20%の需要低下(逸話的な予想)がApple全体で3〜4%に相当とする想定は合理的です

正常化と信頼感に戻るには時間がかかるため、、中国の需要は引き続き弱いと予想し、1月の前年比28%の減少と比較して、2月と3月の月間スマートフォンデータは弱くなると予想しています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)