新型コロナウイルスはAppleの次世代iPadおよびMacBookの開発に影響を与えない

新型コロナウイルスはAppleの次世代iPadおよびMacBookの開発に影響を与えない

TF証券アナリストMing-Chi Kuo氏によると、ミニLEDと呼ばれる新しいディスプレイ技術を使用した次世代Apple製品の研究開発は、COVID-19コロナウイルスの発生による影響を受けません

Kuoは、AppleがMini LEDテクノロジーを使用したいくつかの新製品を今年後半に発売し、2021年末までに6つの製品が市場に出ると予測しています

Kuo氏のレポートによると

Appleは現在6つのミニLEDサポート製品を開発していると予測しています
12.9インチiPad Pro、14.1インチMacBook Pro(13.3インチからアップグレード)、16インチMacBook Pro、10.2インチiPad、2020年の7.9インチiPad mini

ミニLEDには、現在ほとんどのガジェットで使用されているLCDおよびOLEDスクリーンに比べていくつかの利点があります。コントラストが高く、「焼き付き」(画像が故障した画面に恒久的に表示される)の可能性が低くなります

火曜日に公開されたメモは、ミニLEDの部品と機器のサプライヤーに焦点を当てており、Appleが急速にテクノロジーを採用した場合、どの企業が利益を得る可能性が高いかを示しています

スポンサーリンク


Appleは以前、中国での需要が減少し、Appleが製品を製造するために契約している工場がフル稼働していないため、iPhoneの供給が制限される可能性があるため、3月四半期の売上目標を達成できないと警告しました

中国の工場で組み立てられた新製品を発売するプロセスには、エンジニアによる実地作業が必要になることがよくあります、Appleが1月に海外旅行をビジネスに不可欠な機能に制限しているとしたためです

Appleの主要製造パートナーの1つであるFoxconnは火曜日、工場はすでに「季節ごとの必要能力」の50%に戻っており、3月末までには季節ごとの能力に戻ると予想しています

Apple CEOのTim Cookは先週、中国がコロナウイルスの状況を制御していると楽観的であり、Appleは生産をスピードアップに戻す「フェーズ3」にあると述べています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)