Gartner:Appleの2019年第4四半期iPhone販売台数は前年比7.8%増加

Gartner:Appleの2019年第4四半期iPhone販売台数は前年比7.8%増加

エンドユーザー向けのスマートフォンのグローバル販売は2019年の第4四半期に縮小しましたが、AppleのiPhoneの販売台数は2019年第4四半期で前年比7.8%増加しました

Gartnerの上級調査アナリストであるAnshul Gupta氏は声明で次のように述べています

2019年は、北米と新興アジア/太平洋地域のパフォーマンスがわずかに改善したため、予想よりも若干良い結果でした


1億5190万台を販売したインドは、2019年に米国を抜いて第2位のスマートフォン販売国となりました。中国は通年で3億9,080万台のスマートフォンを販売し、リードを維持しました

AppleとXiaomiは、2019年の第4四半期に成長を達成した上位5社の唯一のベンダーでした、売上が減少したにもかかわらず、Samsungは17.3%の市場シェアで1位を維持しました。Appleは市場の17.1%で第2位を確保しました

Gartner 4Q19 00001 z

スポンサーリンク


4四半期連続で減少した後、AppleのiPhoneの売上は成長に戻り、第4四半期には7.8%増加しました

iPhone 11シリーズの価格がiPhone XRと比較してわずかに低下したこと、および前世代のiPhoneモデルのその他の価格引き下げにより、需要が増加しました

Gartnerのアナリストは、Appleが2020年の第3四半期に最初の5Gスマートフォンを発売すると予想しています

2019年第4四半期のスマートフォンの売り上げは前年比0.5%縮小しましたが、Samsungは中間層およびエントリーレベルの携帯電話の助けを​​借りて、2019年の世界ランキングで第1位を維持しました

Gartner 4Q19 00002 z

* AppelはiPhoneの販売台数を開示していないため、これらはGartnerの推定値です

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)