iPhoneの生産は2020年第2四半期まで大幅な改善は見込めない

iPhoneの生産は2020年第2四半期まで大幅な改善は見込めない

AppleアナリストのMing-Chi Kuo氏のリサーチノートによると、AppleのiPhone生産は2020年第2四半期まで大幅に改善されません

ここ数週間、Kuo氏は中国のAppleサプライヤー工場での遅延と低い労働返還率について警告しました

サプライヤーのGenius Electronic OpticalからのiPhoneカメラレンズの出荷は、この1ヶ月間で大幅に減少し、供給は減少していると伝えられています

Kuo氏は、レンズ在庫が約1ヶ月残っていると予測しており、早ければ5月に大幅な生産が再開されます、今後のモデルを楽しみにして、Kuo氏は2020年のiPhoneがiPhone 11と同じ超ワイドレンズデザインを維持すると予測しています

スポンサーリンク


Kuoは1月、5G iPhoneのすべてが2020年秋に発売される予定であると予測しています

最近では、Kuo氏は、コロナウイルスの流行にもかかわらず、2020年前半に発売されるという噂の「iPhone 9」または「iPhone SE 2」がまだ軌道に乗っていると述べています

COVID-19の影響が世界的な地位に達する中で、ウイルスがAppleのサプライチェーンにどれほどの影響を与えるのかはまだ分かっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)