Appleの株主総会でTim Cookが語った8つのこと

Appleの株主総会でTim Cookが語った8つのこと

Appleは、2020年2月26日(現地時間)にApple ParkのSteve Jobs Theaterで、年次株主総会をおこないました

AppleのCEO、Tim Cookが語ったこと

1. Apple TV +の契約は「本当におかしい」

CEOのTim Cookは、Apple TV +の1年間の無料提供はおかしいと説明しました
「これをやったのは本当におかしいけど、やったんだ」と彼は言いました、 また、Friendsを購入しなかった理由を尋ねると、このサービスは「オリジナルのプログラミングについて」であると述べました

2. コロナウイルスは「挑戦的」

Cook氏は、会社が従業員とパートナーの福利に焦点を当てていることを強調し、急速に発展しているコロナウイルスが会社にとって「挑戦」であることを認めました
それはすべての人、特に高齢者や弱者にとっての挑戦です

3. 環境について — クローズドループに焦点を当てる

Cook氏は、クローズドループの製造プロセスを構築したいというAppleの要望について語りました
最終的に、彼は会社が「地球から何も取らずに」その製品を作ることができることを望んでいる、と彼は言り、「私たちはそれを行う方法を見つけるつもりです」と彼は付け加えました

4. バックドア — 悪者も使用する

Appleは、ビジネスを行うすべての国で法律を順守します
政府がデバイスにバックドアをインストールすることを要求する場合、Appleは断固とした姿勢を保ちます、「善良な人たちのためだけに裏口を作ることはできません」とCook氏は言いました、「家にバックドアを設置すれば、誰でも入ることができます。電話も同じです」

スポンサーリンク

5. 健康について—予防は治療を打ち負かす

Cook氏は、健康データを含む「大きなアイデアは、人々が自分の健康を所有できるようにすることだ」と、Appleのデジタルヘルスの動きについて少し話しました

6. iPadの将来について — 現在取り組んでいます

Cook氏はこれには言及しませんでしたが、代わりにCraig Federighi氏が会社がiPadOSの「取り組み続ける」つもりであると約束しました、iPadOSはとても生産的なデバイスです

7. インドのApple – 2021年の小売店

Cook氏は、2021年に最初の物理的な小売店をオープンする予定で、2020年にインドにOnline Storeをオープンする計画を以前に報告したことを確認しました
彼は、インド政府が地元のパートナーと連携すること推進しているため、同社がプロジェクトの承認を得るために働かなければならなかったことを確認しまし、「私たちは自分のやり方で物事を行うのが好きです」と彼は言いました

8. Appleの経済的貢献

平均して、AppleはApp Storeの立ち上げ以来、毎年100億ドルをデベロッパーに支払いました

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)