低コスト iPhoneの大量生産は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で見直される可能性が高い

低コスト iPhoneの大量生産は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で見直される可能性が高い

Appleは昨日、投資家に対して、中国でのコロナウイルスの大流行の影響が継続しているため、2020年第2四半期の収益見通しに達しないと警告しました

日経アジアン・レビューは、新しいレポートによると「この問題に精通した情報源」を引用して、Appleは低コストのiPhone 9の大量生産のスケジュールを見直す可能性があると報告しています

Appleは以前、今年の前半に販売の勢いを維持するために、この春より手頃な価格のiPhoneをリリースする予定でした。大量生産は2月末までに開始されるはずでしたが、複数の情報筋によると、目標の達成は非常に困難であり、生産は3月のどこかまで延期される可能性があります。


「サプライヤーは、4週間以内に低コスト iPhoneの生産と出荷に最善を尽くしていますが、遅れは長すぎることはありません。そうしないと、今年後半にAppleの新製品の販売戦略に影響を与えます」と、この問題を直接知っている人の1人がNikkei に語った


JP Morgan Asia Pacific Equity Researchは、労働者の職場復帰と無駄のないiPhone在庫の不確実性を考えると、Appleのサプライチェーンに対するウイルスの影響は短期的には重大になる可能性があると述べました。「しかし、需要側が主導する在庫補充は、ウイルスの影響が軽減されれば強くなる可能性がある」と述べた

(Via Nikkei Asian Review.)

Appleは製品を発表し、リリースまで期待を高めることをこれまでおこなってきたことが在ります、低コスト「iPhone 9」または「iPhone SE 2」の生産が実際に遅れている場合に、予定通り発表して同じことをおこなう可能性が在ります











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)