新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、iPhone 12の生産開始が予定より遅れる可能性がある

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、iPhone 12の生産開始が予定より遅れる可能性がある

DigiTimesが公開するペイウォール情報によると、台湾に拠点を置くサプライヤーは、暫定的にiPhone SE 2またはiPhone 9と呼ばれている新しい低コストのiPhoneの生産に向けて準備を進めています

低価格のiPhoneは順調に進んでいると思われますが、DigiTimesはまた、AppleがiPhone 12開発の技術検証テストまたはEVTステージを支援するために中国にエンジニアを派遣することをやめたと報告しています

Appleは先月、中国への旅行を「ビジネスクリティカル」な目的に制限しているのは、新型コロナウィルス(COVID-19)の発生であり、これにより多くのAppleサプライヤが業務を停止することも余儀なくされたと述べました

その結果、DigiTimesは、iPhone 12モデルが無名の業界情報源を引用して6月に生産に入る可能性は低いと考えています

スポンサーリンク


ただし、コロナウイルスの発生は流動的な状況であるため、期間は変更される可能性があります。生産の遅れが現実化した場合、デバイスの供給が通常よりも厳しくても、Appleが9月にiPhone 12のラインナップを通常どおり発表する可能性は非常に高いです

噂によると、iPhone 12のラインナップには、5.4インチモデル1台、6.1インチモデル2台、6.7インチモデル1台を含む4つの新モデルが含まれ、それぞれがより高速なApple設計のA14チップを搭載する可能性があります

DigiTimesは、A14チップ受注がA13チップ受注より50~60%高くなると予想しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)