Apple、中国のほとんどの店舗の閉鎖を2月15日まで延長

Apple、中国のほとんどの店舗の閉鎖を2月15日まで延長

ほとんどの店舗は2月13日から2月15日にオープンする予定

Appleは中国の小売店の閉鎖を最初の2月10日の再オープン日を超えて延長することを決定しました

Appleは先週、中国の42店舗すべてを2月10日まで「健康専門家からの最新のアドバイスに基づいて、十分な注意を払って」閉鎖すると発表しました

Appleは現在これを延長しており、場合によってはほとんどの店舗が2月15日まで閉鎖されたままになります

Appleは中国で店舗を再開するための「準備をしている」と金曜日に声明で述べましたが、特定の日付には言及していませんでした

AppleのWebサイトによると、多くの店舗は2月13日または2月14日に限られた時間で再開しますが、2月10日に再開する予定は2店舗だけで、再開予定の日付は流動的なままである可能性が高いです

スポンサーリンク

サプライチェーン、中国地域の販売懸念に直面

Appleは声明の中で、「公衆衛生の専門家や政府当局との徹底的な協議」の後、2月10日の週に中国の企業オフィスとコンタクトセンターの再開に取り組んでいると述べました

Appleは次のように述べています

Appleファミリー全体が、中国の同僚、コミュニティ、サプライヤー、パートナー、および顧客を支援することに全力を尽くしています


徐々に仕事に復帰していく中で、当社の最優先事項は、中国全土のチーム、サプライヤーパートナー、顧客の幸福です
コロナウイルスの影響を受ける人々や、その広がりを治療し、研究し、封じ込めるために24時間体制で働いている人々と、私たちの考えは同じで続いています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)