Apple、iPadは縮小するタブレットマーケットをリードし続ける

Apple、iPadは縮小するタブレットマーケットをリードし続ける

International Data Corporation(IDC)の予備データによると、世界の出荷量が4,350万台に減少したため、世界のタブレットマーケットは2019年第4四半期(19年第4四半期)に前年比0.6%減少しました

2019年通年では、タブレットマーケットは前年比1.5%縮小し、世界の出荷量は1億4,400万台となりました

Appleはホリデー四半期でリードを維持し、前年比22.7%の成長を続けました

前四半期に発売された新しいiPadは、出荷の65%近くを占め、同社のシェアを昨年の29.6%から36.5%に引き上げました

Samsungは、出荷量が前年比でさらに減少したにもかかわらず、2番目の地位を取り戻し、同社はこの四半期に700万台を出荷しました

Huaweiは、2019年第4四半期で400万台を出荷し、前年比で2.8%減少

Amazonは、今四半期中に4位に転落し、前年比で29%減少しました

スポンサーリンク

2019年第4四半期(出荷数百万)

2019Q4 Tablet 00001 z

2019年通期(出荷数百万)

2019Q4 Tablet 00002 z

(Via IDC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)